お盆とは?由来や期間について

お盆

盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」とも言います。

「盂蘭盆会」の省略形として盆またはお盆と呼ばれているのです。
スポンサードリンク

お盆の由来

お盆は、祖先の霊を供養する行事です。その由来は、日本古来の祖先供養の儀式や神事と、仏教の先祖供養がひとつに交じり合ったものです。
仏教では、お釈迦様の弟子のひとりだった「目連」という僧侶が、自分の母親が地獄に落ちて餓鬼道で苦しんでいる母親を救うために、お釈迦様に教えを乞うたところ、「7月15日に供養をするように」と、さとされます。
この教えに従って多くの僧侶たちに供養を込めて、食べ物を振る舞ったところ、母親は救われ、極楽浄土へ行くことができたという仏教の逸話が由来です。
そしてその逸話が日本に伝わり、日本での古くからの農耕儀礼や祖霊祭祀などが融合して、7月15日は、父母をはじめ祖先に感謝を捧げ、供養する重要な日となったのです。

お盆の期間は?

お盆の期間は、15日を中心に、13日の夕方から16日までが一般的です。
地域によっては旧暦で行うところや1ヶ月遅れで行事を行うところもありますが、一般的には下記の期間が一般的です。
  • 東京など都市部:7月13~16日
  • その他の地方:8月13~16日


スポンサードリンク

お盆の風習

13日「迎え盆」といって、先祖の霊を迎える「精霊棚(しょうりょうだな)」をつくり、そこに「水、果物、野菜、団子」などを供えたり、仏様の乗り物として、キュウリや茄子に割りばしで足を付けた馬や牛をつくってお盆を迎える準備をします。
そして夕方になると、「迎え火」をたきます。家の門前で焙烙(ほうろく:素焼きの土鍋の一種)にオガラ(麻の皮をはいだあとに残る芯の部分)を祈って積み重ねて火をつけて燃やし、迎え火として先祖の霊を迎えます。
または、この迎え火をお墓で行う地域もあります。これは、お墓参りをした後に、お迎え用の提灯に明かりを灯して、その明かりと共に先祖の霊を家まで導いて帰るというものです。
どちらも先祖の霊が迷わずに家に来られるようにという心遣いで、「精霊迎え」と言われています。
現在では、実際に火をたく家庭も少なくなりましたが、その代わりに提灯や灯籠を立てて祖先の霊の目印とするのです。新盆の家では必ず盆提灯を飾るのが習わしです。
14日と15日は精霊棚にお供え物を欠かさないようにして先祖を供養します。
そして16日の夕方には再び同じ場所で、焙烙にオガラを祈って積み重ねて火をつけて燃やし、送り火をたいて先祖の霊の帰り道を明るく照らして送り出すのです。
各地方などで、この時期に、精霊流しや灯籠流し、京都の大文字焼きなどが行われるのは、みんな送り火のひとつなのです。
このように日本のお盆は、仏様や先祖に感謝し、一緒に過ごす大切に受け継がれてきた年中行事なのです。
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ