結婚式でのご祝儀の相場やご祝儀袋への入れ方のマナー

結婚式祝儀袋

結婚式に出席の際、ご祝儀を持参します。
その際、ご祝儀について悩むことが多いものです。
今回は、ご祝儀の相場、ご祝儀袋への入れ方についてのマナーをご紹介します。
スポンサードリンク

結婚式のご祝儀、相場は?

初めて、結婚式に招待されたら気になるのが「ご祝儀はいくら包めば良いのか??」と迷ってしまいますね。
他に出席される方に確認したりしますが、その方も悩まれている場合は多いです。
そこで、結婚式のご祝儀の相場についてご紹介します。
  • 招待者(自分)が友人、同僚、後輩等の場合は、3万円~
  • 招待者が、先輩、会社の上司の場合は、3万円、5万円
  • 招待者が、親族(いとこ)の場合は、3万円~
一般的に、結婚式のご祝儀の相場は3万円からになり、新郎新婦との関係で金額を上げるのが一般的です。
その際、気をつけることは、偶数(別れる)や、「4(死)」「9(苦)」は避けることです。
披露宴でいただく料理の単価がだいたい1~2万円程度になります。
さらに引き出物を入れると3万円程度の費用がご祝儀の相場になるのです。
また、披露宴に招待されてない場合は、相手との関係、自分の立場により、一般的な目安は3千円~1万円ぐらいが妥当です。
それ以上の額になると、要らぬ気を相手に使わすことにもなります。
また、現金渡すのはどうかな?と思われる場合は、同額の品物や商品券などを贈るのも良いでしょう。
最近では、スマ婚(スマート結婚式)が流行っています。
その場合は、式のみで披露宴や引出物がない場合もありますので、ご祝儀は2万円でもよいとされています。

「2」は偶数ですが、「ペア」の意味もありますので最近では許容されてきています。気になる方は「1万円1枚と5千円2枚」の組み合わせで枚数を奇数にすることも多いです。

スポンサードリンク

結婚式のご祝儀袋の入れ方は?

結婚式も近づき、ご祝儀の金額も決めたらご祝儀袋を用意します。
「結婚式」のご祝儀袋は一度切りという意味で「結び切り」を用意します。
熨斗の種類や書き方は「熨斗の名称と種類や書き方」をご参照ください。
次に、お金を入れる際の包み方(たたみ方)と中袋へのお金の入れ方を下記にてご紹介します。

中袋へのお金の入れ方

まず、ご祝儀袋についている水引きを取り外し、中袋を取り出します。
中袋へのお金の入れ方ですが、お札の表側(肖像画=福沢諭吉の方)が中袋の表側に来るように、肖像画が上に来るように入れます。

結婚式に使用するお札は新札を用意します。

ご祝儀袋の包み方

中袋にお金を入れたら、ご祝儀袋に入れて包みます。包んであった折り目を目安に順番に包んでいきましょう。
ご祝儀袋の真ん中辺りに、中袋の裏側を上に向け(住所・名前が書いてある方を上にして)のせます。

中袋の表側と祝儀袋の表側は、同じ方向を向くように包みます。

折り返しの上と下を間違えると大変なマナー違反になりますので注意してください。
結婚式は慶事なので上、下の順で折りますが、これが弔事だと下、上の順になります。

結婚式などの慶事には「喜ばしくて万歳をする(上を向く)」という様に覚えると良いでしょう。
上、下の順で折り、下の折り返しが上を向くように折るという事を間違えないように注意します。

下記の関連記事もご参照ください。

>>>結婚式でのご祝儀袋への書き方や渡し方のマナー
>>>熨斗の種類や書き方

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ