葬儀の供物供花のマナーは?手配の仕方は?辞退の時は?お礼の仕方は?

供物供花マナー

故人を偲び、霊前に添えられる供物・供花については、生花、花輪は地域や宗教によっても、使用しない場合やお花や様式が異なることがあります。
今回は、供物・供花についてのマナーをご紹介します。
スポンサードリンク

葬儀の供物・供花について

霊前に供える贈り物を「供花(くげ・きょうか)」「供物(くもつ)」と言います。
供物・供花は、故人や遺族の近親者、特に親しい人によって贈られることが多いものです。
花輪を贈るのは、会社や団体または公的な立場にある個人が普通で、個人的に花を供えたい場合は生花が一般的です。
また、宗教によって供物・供花の贈り方も変わりますし、会場の広さも考慮が必要です。
贈る場合には、事前に喪家に相談するようにしましょう。
現在では、花輪を辞退する葬儀も増えていますので、贈る前に喪家に確認してから贈ることがマナーとされています。

供物・供花の手配について

供物・供花は祭壇に飾るものですから、不祝儀熨斗紙をかけて贈るのが基本です。
花輪は、葬儀社に手配し、生花は専門店または葬儀社に注文します。花かご・スタンドなどの形に整えてくれますが、飾る場所の都合もあることですので、通夜前までに届くように手配しましょう。
また葬儀用なら前日に届くように手配します。
供物は宗教によって供えるものが違います。
  • 仏式:線香、ろうそく、干菓子、果物など
  • 神道:干菓子、果物、酒
  • キリスト教や無宗教:生花以外は飾らない
また、地域によっては、そばを供える地域もあったりと、スタイルも様々ですので、喪家や葬儀社に問合せのうえ、贈ることが前提となります。
また現在では、供物も葬儀社のほうであらかじめ調えてあることが多くなっています。

現在では葬儀社が一通りの段取りをするスタイルが多くなっています。供物・供花に悩んだ場合には、取り仕切る葬儀社に連絡または問い合わせると、祭壇に合わせた供物・供花を調えてくれるものです。予算についても、葬儀内容に合わせた予算相場を教えてくれますので、そちらにお尋ねするのもよいかもしれません。

スポンサードリンク

供物・供花の辞退

喪家や故人の意向で、供物・供花を辞退することがあります。その場合には、喪家や故人の意向を尊重するのがマナーです。
そういった場合には、香典を持参しますが、「ご厚志はお断り申し上げます」という場合には、香典も含め、一切受け取らないということですので、この場合も無理強いはせず、意向を尊重するのがマナーです。
無宗教葬やキリスト教の葬儀では、辞退することが多くなっています。
また、プロテスタントの場合は生花だけを受け付けることがありますが、名前は出さないのが通例です。

供物・供花に対するお礼は?

葬儀での供花・供物等を頂いた場合には、喪家は後日お礼状を出します。故人や遺族を代表し、心遣いに対する感謝の念を伝えられるよう、丁寧な対応がマナーです。
下記にて、供物・供花の礼状の例文をご紹介します。
拝啓 このたびは、亡○○ ○○○○儀 葬儀に際しまして、御愁篤なるご供花・ご供物を賜りまして、私ども遺族一同心から感謝申し上げます。
おかげさまで葬儀を滞りなく済ませることができました。
茲に生前のご厚情に感謝申し上げますとともに、今後も変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げます        敬具
拝啓 ○○の葬儀の折には、立派なお供えを賜わりまして誠にありがとうございました。
謹んでお受けいたし、霊前に飾らせていただきました。
○○の最後を飾って下さいましたご芳情に心よりお礼申し上げます。お陰様をもちまして、葬儀も滞りなく終えさせて頂きました。格別なご高配につきまして、重ねて厚く御礼申し上げます。
末筆ながら、幾久しいご健康とご多幸をお祈り申し上げます。  敬具
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ