お中元のマナー【贈る時期や相手&のしの書き方】

お中元

7月の初めからお中元の時期になります。

お中元が一般化したのは江戸時代頃からと言われています。

今回は、お中元のマナーについてご紹介します。
スポンサードリンク

お中元の時期についてのマナー

お中元を贈る時期は、7月初め~15日までです。

月遅れで盆をする地方では、8月15日までになります。

また、15日以降は、お中元ではなく「暑中見舞い」にするのがしきたりです。

お中元の由来

中国では昔、1月15日と7月15日、10月15日を「上元、中元、下元」とし、あわせて「三元」と呼んでいました。

それぞれ、上元(1月15日):賜福、中元(7月15日):赦罪、下元(10月15日):解厄としていろいろな行事や祭りが行われてました。
中元は、この日に饗応すれば罪を免れるという道教の教えと、仏教の盂蘭盆会の行事が交じり合い、やがて日本に伝わり、盆の贈答として広まったのです。
また、お中元を目上の人やお世話になった人に贈る風習は、昔の「生盆」や「生身魂」の名残です。
「生盆(いきぼん)」や「生身魂(いきみたま)」とは、生きている祖先である親に対して行うお盆の行事のことで、「今生きていることを喜ぶ」「お互いの無事を祝う」という意味で行われていました。
生盆に子供から親に贈り物をしていた風習が、現在のお中元にも残っているのです。

お中元を送る相手は?

前章のように昔は、親に贈るものでしたが、現在では、お中元を贈る相手や範囲は、仕事や立場によって変わります。
親や兄弟、親類、結婚式の仲人や恩師、会社の上司や仕事の取引先などが主な贈り先となります。
お中元は「日頃お世話になっている方への御礼や挨拶」として贈るものですので、虚礼にならないよう贈る範囲は絞り込んでおくことが望ましいです。
また、お中元やお歳暮は一度贈るとやめにくいものですし、毎年のことでもあります。贈る金額も無理のないよう充分考慮しましょう。

お中元をやめたい場合は?

これまでにお中元を欠かさずに贈っていた相手に対して、突然贈ることをやめてしまうのは勇気がいることです。
ですが、疎遠になってしまっている相手や立場が変わり、本体のお中元の意味が疑問視される場合などには、思い切ってやめてしまっても問題はありません。
逆に、お中元が虚礼になってしまうと、お互いに気兼ねが生じるものです。
お中元という形に拘らずとも、感謝や挨拶は違う形や名目でも行えるものです。
唐突に贈ることをやめてしまうことに抵抗がある場合には、「御年賀」などの年に1回のご挨拶に代えたり、「暑中見舞い」などのお手紙での挨拶に代えたり、または何かの折に、手土産を持って挨拶に伺ったり等、形式を変えることを考えてみるのもいいかもしれません。

お中元【のしの書き方】

お中元には、水引きは「紅白の蝶結び」のものを使います。
上段には、「御中元」「お中元」を用います。

※7月15日以降は、「暑中御伺」「暑中お見舞い」を、立秋以降は「残暑御伺」「残暑お見舞い」とします。

また、目上の方に対して「見舞う」というのは、見舞う方が優位に立つことになり、失礼にあたります。基本的には「暑中御伺」「残暑御伺」を用いる方が失礼がないでしょう。


スポンサードリンク

●個人名の場合

下段中央にフルネームで書きます。
※姓だけでも構いません。
中元01

●連名で贈る場合

右側が目上の方を書きます。
※連名は3名までが通例です。
中元02

●3名以上の連名の場合

下段中央に、代表者名を書き、「外一同」と左側に書きます。
※中包みに他の人の名前は書きます。
中元03

●会社名を入れる場合

名前の右側に会社名を書きます。
中元04

●名刺をつける場合

下段の中央に名刺がはがれないように貼り付けます。
※通常、名刺は略式ですので、あえて左下にずらして貼る場合もあります。
中元05

●先方の名前を入れる場合

上段の左上に相手の名前を入れます。
中元06

●先方の名を入れ、連名で贈る場合

上段の左上に相手の名前を入れ、通常の連名とは目上の人の順序が逆になり、左側から目上の人の名前を書きます。
中元07

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ