熨斗の名称と種類や書き方

熨斗

慶事の際の熨斗についてご紹介します。

祝儀袋に「のし」がついたものをのし紙と言います。

水引の種類や用途、書き方などご参照ください。
スポンサードリンク

熨斗の各部名称

「のし」とは「のしあわび」の略です。
昔は薄く伸ばしたアワビを縁起物として贈り物に添えていたことからきており、後に昆布や紙が代用されるようになりました。
「不老長寿の印」として慶事などに使われます。

のし各部名称

熨斗【慶事の水引の種類】

慶事の中の「結婚式」などは一度切りという意味で「結び切り」を用います。「出産祝」など、繰り返したほうが良いものは「蝶切り」を用います。

慶事水引種類

熨斗【表書きの書き方】

慶事の場合は、表書きを、濃いめの墨、サインペンなどでハッキリと丁寧に書き入れます。

個人名の場合

下段中央にフルネームで書きます。
※姓だけでも構いません。

のし書き方01

夫婦で贈る場合

下段中央に夫の氏名を書き、その左側に妻の名だけを書きます。

のし書き方_夫婦

連名で贈る場合

右側が目上の方を書きます。
※連名は3名までが通例です。

のし書き方_連名

スポンサードリンク

3名以上の連名の場合

下段中央に、代表者名を書き、「外一同(他一同)」と左側に書きます。
※他の人の名前は中包みに書きます。

のし書き方_外一同

会社名を入れる場合

名前の右側に会社名を書きます。

のし書き方_会社名

先方の名前を入れる場合

上段の左上に相手の名前を入れます。

のし書き方_宛名

先方の名を入れ、連名で贈る場合

上段の左上に相手の名前を入れ、通常の連名とは目上の人の順序が逆になり、左側から目上の人の名前を書きます。

のし書き方_宛名連名

熨斗【中包みの書き方】

中袋には糊付けしないのが普通です。

中包みの書き方

祝儀袋の中袋の表側に金額を書きます。そして裏側に自分の住所・氏名を書きます。※市販されている中袋に金額・氏名の記入欄がある場合はそこに書き入れて構いません。

のし書き方_中包み

中包みの入れ方

熨斗袋、中包み、紙幣の向きを揃えて入れます。

のし書き方_入れ方

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ